「店頭取引」と呼びますが

外国為替証拠金取引(FX)については取引所取引という所がございます。山口孝志

普通のFX企業と取引をとり行うという行動を「店頭取引」と呼びますが、この事は取引所を通過させないで商売の相手は外為取引会社になるのです。山口孝志

「取引所取引」という取引所はFX(外国為替証拠金取引)会社はあくまでも橋渡しあって直接的の取引パートナーは取引所ということになります。

その相違をいくらか比較してみます。

まず「店頭取引」のケースは一時預かりしているお金は外為業者に管制されています。

反面「取引所取引」の次第、このお金は総額取引所に入金しないといけないと決まっております。

そうすることによって外為(FX)会社が破綻してしまうというような事態があっても、後者は、取引所によってお金は総額防守されることになるのです。

外為会社が管制しているため、景況により企業破産のあおりの傷を受けて託していた資金はガードされずなのです。

そして税金面でも両者に関しては内容に相違がございます。

「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と一緒に計算して申し出をしなければいけません。

しかしながら確定申告しなくても大丈夫な時もあるらしいので、自己に相応するかどうか注意深く確かめるようにしてください。

もしかして貴方が労働者で収入2000万円以下、給与所得をはみ出した実入りが20万円以下(いくつかの企業から給与所得がなし)というようなのような取り決めを守っていれば例外措置という訳で確定申告は不要でOKです。

FX(外国為替証拠金取引)利益が二十万円以上場面は確定申告をしてください。

税金の度合いは手取りに伴い5から40%の6段階に分割されていまして、収益が高いのであればtaxも上がってしまいます。

「取引所取引」では、もうけがあるのならばその他の稼ぎとは別で考え「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。

税率はすべて20%となるんですがもしも損金が決定したという事なら「取引所取引」の益として損分を次年以降に先延ばしが可能です。

上記のように、「取引所取引」の方がより安い税率になるケースもありますので比べてみて考えた方が良いでしょう。

とりわけ初心者のケースは、JASDAQ株価の動きや円相場に日々注目して、黒字やマイナス分に興奮する事で、税金を支払わなければならないという事態を忘れ易くなってしまうこともあります。

欠損分は困ってしまいますが、利益が多くなれば税金も値上がりするので注目と意識が大事との事です。

コンテンツメニュー

    Link