「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる概念のため

自動車重量税、別名重量税という税金は、国内メーカーの自動車とかイタリア車というような車の国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ステーションワゴン等自動車の形状に全て同じでたとえばマツダやオペル、などでも当たり前に納めることが必要な税金のことをいいます。ライザップ 池袋

新車を登録する際、または車検のさいに支払う必要がある税です。ライザップ 千葉

額はそのクルマの重さ毎に決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる概念のため、きちんと学んで混同しないようにする必要があります。

「自動車重量税というものはクルマの車重によって」「自動車税は排気量によって」その税額が異なります。

それで引き取りする際の扱われ方違ってきますから注意しましょう。

車の買い取りの時には支払い済みの自動車の重量税がいくら残っていた場合でもその税金が還ってくることはないです。

一方で、自動車税であれば、支払った金額を買取金額に足してくれるといったケースがなくはないですが、重量税に関しては上乗せしてくれるといった場合はほとんどないのが現状です。

重量税については、手放す際に既に納付した額があるからと言って車買い取り店でその事実が材料になるケースはほとんどないものなのです。

なので次の支払いつまるところ次の車検まで処分するのを少し保留し査定に出すという手段が最も良いと思います。

中古車引き取り時は考慮されない重量税ですが特別なケースでは戻ってくることもあるのです。

というのは車検期間が残存しているクルマを廃車として処理するケースです。

要するに廃車登録をした時に、残っている期間に応じた金額が返ってきます。

ただし中古車買取の際はそのクルマが廃車されるのとは異なり戻ってきません。

また売却する自動車の名義を変更した時や、盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

重量税が残っている車を売却するというのは、要するに車検期間がまだあるクルマということと同じです。

その辺りを店側も配慮しますから自動車重量税が残存していればそれなりに売却額が上乗せされると思います。

もちろん、売却額は店次第で違ってきますが車検の効力が残っていることを考慮していただければクルマの買取額と比較するとそこまで損をするということもありません。

コンテンツメニュー

    Link